メヤニを作らず製品の成形ができるフッ素離型剤を使用するメリット

成形時にメヤニ生成を防止できる離型剤について

工場で稼働する機械

離型剤というのはゴムやシリコン、プラスチックといった製造業でよく使われるポピュラーな素材で製品を成形する際に欠かせない薬剤の名称です。離型剤にはいくつか種類があり、何を基準に自社の成形プロセスで使う離型剤を選ぶかは、各会社なりの考え次第で決まります。離型効果の高さは勿論重視すべきポイントで、それを考慮するとフッ素コーティング剤を成分として含んでいるフッ素系離型剤を選択するのが最善と言えるでしょう。しかし、フッ素系離型剤は他の点でも、離型剤の第一選択肢として相応しい特徴を備えています。それは成形過程でメヤニの生成を防ぐことが可能というものです。成形のプロセスは原材料を金型に入れて製品の形状を定め、そこから取り出してその後の処理に回すことで完結します。この際、金型から綺麗に剥がれないことも大いに問題ですが、もう一つ、メヤニ生成も対処が必要になり重要な課題です。それというのも、メヤニを付着させたまま、その後の製品処理を行うわけにはいかないからです。フッ素系離型剤を使えば、メヤニ除去という面倒な作業を工程に組み込む必要がなくなり効率的です。これから自社で成形作業に使う離型剤を選ぶのであれば、是非、こうしたメリットを考慮して、フッ素系離型剤を選びましょう。

製品成形の際にメヤニが出来ず刷毛で簡単に塗布できるフッ素系離型剤

ゴム製品やシリコン製品、あるいはあらゆる産業において非常に多種類かつ多くの製品が作られているプラスチック製品は、いずれも成形の際に離型剤を使う必要があります。これは型取りに使う金型にいずれの原材料も粘着してしまい、綺麗な形を維持するのが困難なためです。フッ素コーティング剤を主成分として用いているフッ素系離型剤は金型表面に刷毛やスプレーを使って薄く塗布することによって、非常に高い離型効果を発揮します。現場でこのように簡単に塗布できる離型剤は、作業の効率化に多大な貢献をしてくれます。加えて、フッ素系離型剤には成形過程においてメヤニ発生を防ぐことができるメリットもあります。成形のプロセスでは綺麗な形を維持したままで金型から成形物をはがすことと同様に、メヤニのような余計なものが付着しない状態で製品を取り出せることが重要です。メヤニが出来たり、あるいはワックス系のように、離型剤自体が製品にくっついてしまったりすると、除去、洗浄という追加手順が必要になって非効率であるからです。メヤニが生成しにくい、加えて、現場で刷毛やスプレーといった手軽な方法で塗布できるフッ素系離型剤は、離型剤の一つの理想形と言ってもいい優れた製品です。

成形過程でメヤニが出来ない特徴を持つフッ素系離型剤の効果

離型剤に共通する効果として、ゴム等の成形物を金型から綺麗に分離するのを助けるというものがあります。ただし、この効果は離型剤で使用されている成分によって差があり、特に優れた効果を発揮するものとして、フッ素系離型剤が知られています。フッ素系離型剤とはフッ素コーティング剤が成分として含まれるもので、高い離型効果の他にも、成形作業の際に便利なユニークな特徴を備えています。それは成形の際に生成しがちなメヤニを防ぐことが出来るというものです。成形の際、製品を破損したり形をいびつにしたりする心配なく金型から分離できるフッ素系離型剤は、それだけでも非常に有益です。そして、メヤニが生じないという特徴のお陰で、製造現場の業務を更に効率的にしてくれているのです。メヤニが生じることがなければ、成形物からそれを除去する手間が不要となります。更に、成形物に余計な手を加えなくて済む分、取り出した後に破損等が発生するリスクも下げられます。フッ素コーティングによる非粘着性という特性のお陰で、確実な離型効果が期待できると同時に、成形作業の現場での業務をスムーズかつ効率的にするのに役立つフッ素系離型剤をぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

HEADLINE

  • ゴム等を綺麗に形造れて成形時にメヤニが出ないフッ素系離型剤が便利

    プラスチックやゴムといった物質は、非常に幅広い分野で様々な製品に素材として利用されています。原材料としては粘性の高い液状の物質のため、成形するには金型に入れて固める必要があります。製品として綺麗に形造るためには、金型通りの形に固まるだ…

    MORE
  • メヤニ生成なしで成形困難なゴム製品を作れるフッ素系離型剤

    ゴムやシリコンといった素材は、扱いが容易で様々な製品に柔軟に応用できるため、非常に多くの産業分野で利用されています。製品の形に整える際には金型を使いますが、極度に薄い製品や複雑に入り組んだ構造の製品、また、細長い製品などは、成形の際に…

    MORE
  • フッ素系離型剤ならメヤニの心配なしにゴムチューブ等の成形ができる

    離型剤を使って成形しているごく身近な製品の一つに、ゴムチューブがあります。また、鍋蓋の部品の一つとして使われているゴムパッキンもそうです。これらはいずれも、細長い上に、極めて正確な形造りが必要な製品です。ゴムチューブは、中に正確に同じ…

    MORE
  • 引火性がなくメヤニも出来ないフッ素系離型剤が成形現場では便利

    プラスチックやゴムの製品を作る際、成形で使う金型に塗布する離型剤が欠かせません。フッ素コーティング剤が成分のフッ素系離型剤は、現場で刷毛などを使って簡単に塗布できるタイプの製品がありますが、引火性が無くて安全に使えるといメリットがあり…

    MORE