メヤニを作らず製品の成形ができるフッ素離型剤を使用するメリット

引火性がなくメヤニも出来ないフッ素系離型剤が成形現場では便利

プラスチックやゴムの製品を作る際、成形で使う金型に塗布する離型剤が欠かせません。フッ素コーティング剤が成分のフッ素系離型剤は、現場で刷毛などを使って簡単に塗布できるタイプの製品がありますが、引火性が無くて安全に使えるといメリットがあります。特に成形作業の量が多くて、現場でいつでも使えるように大量の離型剤を備蓄しておく必要がある場合、引火性のある薬剤では大きな不安材料になってしまうでしょう。その点、フッ素系離型剤なら、溶剤として不燃性のものを使い、薬剤全体として引火性を持たない製品があります。現場で使うには、このような製品を選択するのが賢明でしょう。また、フッ素系離型剤は、成形の際に現場の大きな悩みごとになりがちなメヤニ生成を防ぐこともできます。ゴム製品やプラスチック製品の製造現場は、生産ノルマ達成のプレッシャーの元、時間に追われるようにして作業を進めているところが多いでしょう。メヤニが出来てしまうと、メヤニ除去の業務に時間や手間を取られ生産効率がダウンしてしまいますが、フッ素系離型剤を使えばこの問題もクリアすることができます。不燃性で大量に現場に置いてあっても引火の心配もなく、メヤニが生じず生産性アップにも有利なフッ素系離型剤ですので、現場用に採用することをおすすめします。

HEADLINE

  • ゴム等を綺麗に形造れて成形時にメヤニが出ないフッ素系離型剤が便利

    プラスチックやゴムといった物質は、非常に幅広い分野で様々な製品に素材として利用されています。原材料としては粘性の高い液状の物質のため、成形するには金型に入れて固める必要があります。製品として綺麗に形造るためには、金型通りの形に固まるだ…

    MORE
  • メヤニ生成なしで成形困難なゴム製品を作れるフッ素系離型剤

    ゴムやシリコンといった素材は、扱いが容易で様々な製品に柔軟に応用できるため、非常に多くの産業分野で利用されています。製品の形に整える際には金型を使いますが、極度に薄い製品や複雑に入り組んだ構造の製品、また、細長い製品などは、成形の際に…

    MORE
  • フッ素系離型剤ならメヤニの心配なしにゴムチューブ等の成形ができる

    離型剤を使って成形しているごく身近な製品の一つに、ゴムチューブがあります。また、鍋蓋の部品の一つとして使われているゴムパッキンもそうです。これらはいずれも、細長い上に、極めて正確な形造りが必要な製品です。ゴムチューブは、中に正確に同じ…

    MORE
  • 引火性がなくメヤニも出来ないフッ素系離型剤が成形現場では便利

    プラスチックやゴムの製品を作る際、成形で使う金型に塗布する離型剤が欠かせません。フッ素コーティング剤が成分のフッ素系離型剤は、現場で刷毛などを使って簡単に塗布できるタイプの製品がありますが、引火性が無くて安全に使えるといメリットがあり…

    MORE